森のくすり塾

理念

森のくすり塾

「森」のなかで、薬草をとおして「くすり」を学び、
みんなが氣楽に集い学べる「塾」のような存在でありたい。
そう願って名付けました。

森のくすり塾は次の三つの部門から成り立っています。

講演・ワークショップを開催する教育部門

書籍を出版する出版部門

医薬品、ハーブ、雑貨を販売する薬房部門

一つの薬草から歴史や文化、大自然、現代薬とつながり、
ひとりひとりの「くすり」の世界観を育むことを目的としています。
上田市を拠点に、小諸、佐久など東信州の山々、
さらにはチベット・ブータンがフィールドです。

薬の生涯教育

幼児から高齢者まで、すべての人たちが薬について
学び続けることをサポートします。

薬教育の3つの場

家庭・地域・学校

ワークショップ、講演の問い合わせ

0268-38-9606
  tibetyakusou2012@gmail.com

メールや電話での健康相談、ならびに薬草に関するお問い合わせはお断りしております。